年齢条件の設定で自動車保険の保険料を安くするコツやポイント

シェアする

年齢条件の設定イメージ

相談者さん
運転者の年齢で保険料が変わるって本当ですか?
自動車保険マスター
自動車保険は若い人ほど保険料が高くなりますね。

自動車保険は掛け捨て型なので、同じ補償内容であるならば保険料は安いほうが良いですよね。

運転者の年齢条件は、節約するコツやポイントのひとつです。

運転者の年齢の範囲を限定すればするほど保険料は割安になりますが、実際に事故が起きたときに運転者の年齢が条件から外れていた場合、事故による損害が補償されないので注意しなければなりません。

運転者の年齢条件と自動車保険料割引の関係とは

運転者の年齢条件と保険料割引の関係イメージ

運転者の年齢条件は、補償する自動車を運転する人の範囲を年齢で限定することで保険料が安くなる仕組みのことです。

一般的に自動車保険の保険料は、運転者の年齢が若いほど高くなりますが、これには理由があります。

今までの事故発生状況の統計情報をもとに、事故を起こす確率などから保険料が決められているからです。

年齢条件を設定する際のポイントとしては、保険対象の自動車を運転する可能性のある人が誰なのかをよく考えて、基本的にその中で最も若い人の年齢を基準にして設定することがコツですね。

【年齢条件】 【運転者の年齢】 【保険料】
年令を問わず補償 運転者の年齢が18歳以上を補償 高い
21歳以上補償 運転者の年齢が21歳以上を補償
26歳以上補償 運転者の年齢が26歳以上を補償
30歳以上補償 運転者の年齢が30歳以上を補償 安い

※記名被保険者の年齢条件は保険会社により異なります。

重要
運転者の年齢条件が適用される範囲は『同居の家族等』であることに注目!
『同居の家族等』とは、1.記名被保険者、2.記名被保険者の配偶者、3.記名被保険者またはその配偶者の同居の親族、4.1から3までのいずれかに該当する人の業務(家事を除く)に従事中の使用人です。
※3に別居の未婚の子が含まれていないことに注目すること。

年齢条件から外れても補償される人とは

年齢条件から外れても補償される人イメージ

年齢条件の範囲の設定方法は運転する人を誰に限定するかによります。

『本人限定』の場合は、運転者本人の年齢に条件を設定をします。

『本人・配偶者限定』の場合は、本人と配偶者で若い方の年齢に年齢条件を設定します。

ここまでは当たり前過ぎたかもしれませんが、特に注目したいのはこの後です。

『家族限定』の場合は、「運転者限定の範囲」に同居の家族以外にも別居の未婚の子が含まれるので、別居の未婚の子を含めその中から最も若い年齢に年齢条件を設定すると考えてしまいがちです。

しかし、「年齢条件の範囲」は、別居の未婚の子は含まれないため、本人、配偶者およびその同居の親族の中で最も若い人の年齢に合わせて年齢条件を設定すれば良いのです。

『限定なし』の場合も、『家族限定』の場合と考え方は同じです。

【運転者限定】 【保険対象車の運転者】 【保険料】
限定なし 運転者の範囲は制限なし 高い
家族限定 1.記名被保険者
2.記名被保険者の配偶者
3.記名被保険者またはその配偶者の同居の親族・別居の未婚の子
本人・配偶者限定 1.記名被保険者
2.記名被保険者の配偶者
本人限定 1.記名被保険者 安い
重要
つまり運転者限定が、『家族限定』の場合は別居の未婚の子、『限定なし』の場合は別居の未婚の子や知人が運転しても、年齢条件に関係なく補償されるのです。
したがって、別居している自宅外から通う大学生の娘(20歳)が夏休みに帰省中、親の自動車の年齢条件が【30歳以上補償】でも、運転者限定が【家族限定】か【限定なし】であれば、親の自動車を運転しても補償されることになります。

年齢条件は保険期間中いつでも見直し変更ができる!

年齢条件を見直しイメージ

年齢条件の変更は更新時期まで待たなくても、保険期間中いつでも出来ます。

例えば、保険期間中に補償対象者の中で最も若い人が誕生日を迎えて一つ上の年齢区分に変更したい場合や、子供が大学生になり別居するので、その子以外の同居親族内で最も若い人の年齢に変更したい場合に変更手続きすると、一時払い(年払い)で保険料を支払っている人は保険料が戻ることもあります。

逆に子供が運転免許を取得し、家族で共用する自動車の年齢条件を下げる必要が出てくる可能性もありますが、このケースでは追加保険料を支払う必要が出てきます。

家族の誕生日や同居家族の増減時には、自動車保険の見直しをしましょう。

普通車と軽自動車で年齢条件別の保険料を実際に比較実施してみた結果は?

普通車と軽自動車の比較

普通自動車と軽自動車で年齢条件別に見積もりを取ると、どのくらいの保険料の差が出るのでしょうか。

それでは実際に、普通車はトヨタ『アクア』、軽自動車はスズキ『ワゴンR』で見積りを取ってみましたので、以下を御覧ください。

車種以外は同条件です。

普通車:トヨタ『アクア』の場合

・2014年4月(平成26年4月) 発売モデル
・トヨタ量産ハイブリッドカー「アクア(AQUA)」

普通車の見積もり条件

・自動車保険の見積もり時点で、他社にて契約している車
・現在の自動車保険の契約は1年契約
・記名被保険者は1980(昭和55)年7月生まれの38歳

車の型式 DAA-NHP10
初度登録年月 平成26(2014)年7月
保険期間 2018年9月1日から2019年9月1日
事故件数 0件
事故有係数適用期間 0年
免許証の色 ゴールド
運転者限定範囲 家族限定
契約距離区分 7,000km以下
使用目的 主に家庭用(通勤用含む)
保険証券 発行する
等級 18等級
補償内容 対人賠償金額:無制限
対物賠償金額:無制限
人身傷害保険金額:3,000万
搭乗者傷害保険金額:無
無保険車傷害保険額:無制限(人身傷害で補償)
車両保険の有無:無

普通車の見積もり結果

記名被保険者の年齢条件 年令を問わず補償 21歳以上補償 26歳以上補償 30歳以上補償
支払保険料 74,040円/年 41,360円/年 27,280円/年 25,530円/年

(自動車保険LAB調べ)

普通車『アクア』の記名被保険者の年齢条件の最大(年令を問わず補償)と最小(30歳以上補償)の差額は、74,040円ー25,530円=48,510円(年間)という結果でした。

軽自動車の見積条件:スズキ『ワゴンR』

・2014年4月(平成26年4月) 発売モデル
・スズキ最量販軽自動車「ワゴンR」

軽自動車の見積もり条件

・自動車保険の見積もり時点で、他社にて契約している車
・現在の自動車保険の契約は1年契約
・記名被保険者は1980(昭和55)年7月生まれの38歳
・自動ブレーキ装置はついていない

車の型式 DBA-MH34S
初度登録年月 平成26(2014)年7月
保険期間 2018年9月1日から2019年9月1日
事故件数 0件
事故有係数適用期間 0年
免許証の色 ゴールド
運転者限定範囲 家族限定
契約距離区分 7,000km以下
使用目的 主に家庭用(通勤用含む)
保険証券 発行する
等級 18等級
補償内容 対人賠償金額:無制限
対物賠償金額:無制限
人身傷害保険金額:3,000万
搭乗者傷害保険金額:無
無保険車傷害保険額:無制限(人身傷害で補償)
車両保険の有無:無

軽自動車の見積もり結果

記名被保険者の年齢条件 年令を問わず補償 21歳以上補償 26歳以上補償 30歳以上補償
支払保険料 50,050円/年 28,110円/年 18,620円/年 17,470円/年

(自動車保険LAB調べ)

軽自動車『ワゴンR』の記名被保険者の年齢条件の最大(年令を問わず補償)と最小(30歳以上補償)の差額は、50,050円ー17,470円=32,580円(年間)という結果でした。

まとめ

まとめイメージ

普通車のトヨタ『アクア』と軽自動車のスズキ『ワゴンR』で、実際に見積りを取って比較した結果を見て、どのように感じたでしょうか。

記名被保険者の年齢条件の最大(年令を問わず補償)の差額は、74,040 円ー50,050 円=23,990円(年間)

記名被保険者の年齢条件の最小(30歳以上補償)の差額は、25,530 円17,470 円=8,060円(年間)

普通車と軽自動車の差額は、記名被保険者の年齢条件問わず補償で2万円以上の開きがありました。

基本的に記名被保険者の年齢条件を限定しない程、自動車保険料は割高になりますが、記名被保険者の年齢条件が同じだとしても、保険会社によって保険料が違います。

安い保険料の自動車保険を調べるために、各保険会社を手当たり次第調べると、膨大な時間がかかるでしょう。

このような場合には一括見積もりサイトを利用したほうが、時間を大幅に節約できますので覚えておきましょう。

合言葉は「思い立ったら吉日」です。

相談者さん
運転者の年齢条件などで、各保険会社に違いがあるんですね。
自動車保険マスター
同じ年齢条件でも損保会社により保険料は違うので、条件に変更が生じた時には見積りを取って比較してみましょう。
あなたに適した安い自動車保険を選ぶポイント

あなたに適した安い自動車保険を選ぶポイント

自動車保険を出来るだけ安くするコツは「無料一括見積もりサービス」を活用することです。私もおかげさまで38,240円安くなりました。

最短3分の入力で複数の保険会社に見積り依頼ができプランを比較できるので便利です。今までに400万人以上の人が利用して保険料の節約に成功しています。

一括見積もりサービス

シェアする

フォローする