自動車保険の乗換準備は一括見積りから!ネット見積りの体験談や実話

シェアする

一括見積もりサービスイメージ

相談者さん
自動車保険の無料一括見積もりについて、教えてもらえますか?
自動車保険マスター
他社に乗り換える場合の保険料を調べるのに、便利なサービスですね。

現在加入している自動車保険と同条件の補償内容と補償範囲、かつ、他の保険会社へ乗り換えで保険料が今までよりも1万円以上安くなる場合、真剣に自動車保険乗り換えを検討する人が多いでしょう。

特に代理店型の自動車保険に加入している人がダイレクト型の自動車保険に乗り換えると、3万円以上も保険料が安くなることも少なくありません。

まずは見積りをとることから始めましょう。

自動車保険の一括見積もりサービスとは?

サービスイメージ

自動車保険の見積りをとると言っても、20社以上ある各損害保険会社から一社また一社と地道に見積りを依頼していたら多大な時間がかかります。

このような理由もあり、携帯電話会社を乗り換えるような感覚で、自動車保険を乗り換える人は多くありません。

しかし、自動車保険の一括見積もりサービスを運営しているサイトを活用すると、複数の保険会社に一括で自動車保険の見積もり依頼をすることができます。

代表的な自動車保険一括見積もりサービスを提供しているサイトが取り扱っている保険会社は以下のとおりです。

保険スクエア Bang!
【(株)ウェブクルー】
1998年サービス開始
保険の窓口インズウェブ
【SBIホールディングス(株)】
2000年サービス開始
ソニー損保    ○    ○
イーデザイン損保    ○    ○
おとなの自動車保険
【セゾン自動車火災保(株)】
   ○    ○
アクサダイレクト    ○    ○
チューリッヒ保険    ○    ○
SBI損保    ○    ○
三井ダイレクト損保    ○    ○
そんぽ24    ○    ○
楽天損保    ○    ○
セコム損害保険    ○    ○
AIG損保    ○    ○
損保ジャパン日本興亜    ○    ○
東京海上日動    ○    ○
三井住友海上    ○    ○
あいおいニッセイ同和損保    ○    ○
共栄火災    ○    ○
全労済    ○    ×
Chubb損保    ×    ○
日新火災    ×    ○

(自動車保険LAB調べ:2018.10.25現在)

見積もり結果は、各保険会社または損害保険代理店から案内(メールや郵送)が届きます。

「保険スクエア Bang!」の特徴や長所と短所は、以下を参照してしてください。

現在加入中の従来(代理店)型自動車保険を、同じ条件でも他社のダイレクト型(通販型)自動車保険に乗り換えることで、保険料を今より安くするべく一括見積もりを活用することで数万円も安くなるのなら、真剣に自動車保険の乗り換えを検討することでしょう。

「保険の窓口 インズウェブ」の特徴や長所と短所は、以下を参照してしてください。

現在加入中の自動車保険を、同じ条件かつ他の保険会社へ乗り換えで保険料が何万円も今より安くなるなら、乗り換えを真剣に検討することでしょう。自動車保険の乗換時に便利な、一括見積もりサービス「保険の窓口 インズウェブ」に焦点を当てて解説します。

どのような人におすすめのサービスか?

  • 自動車保険の見直しを考えている人
  • 自動車を新しく購入しようと考えている人
  • 代理店型からダイレクト(通販)型に乗り換えようか検討している人

どのような人には向いていない、必要がないサービスか?

  • 現在契約している自動車保険の契約期間が2年以上(長期契約)の人
  • 前契約の保険期間が1年以外の契約の人(途中解約も含む)
  • 自動車保険の満期日が当日、または90日以上先の人
  • 中断証明書を発行されている人
  • 3・4・5・6・7ナンバー以外の愛車の人
  • 愛車が違法改造車である人
  • 車をもっておらず、具体的な購入計画もない人

自動車保険の一括見積もりサービスの長所(メリット)

時間短縮イメージ

時間が節約できる

自身が現在加入している自動車保険代を少しでも安く出来ないものかと悩んでいる人は意外と多いのですが、実際に各保険会社に問い合わせて、保険料のシミュレーションをしてしてもらう人は多くありません。

なぜなら、従来の代理店型の自動車保険の場合、見積りをとって比較したいと思っていても、いざ実行に移すには保険会社の窓口か代理店に依頼しないと、保険料がわからなかったのですから。

しかし現在は、わざわざ保険会社や代理店に見積もりを依頼せずに、自分のペースで時間をかけてじっくりと保険料のシミュレーションが出来るのです。

休日など時間がある時に、保障範囲や補償内容を仮に変更すると、保険料がどのくらい安くなるかなど、一手間かけることで家計の節約が可能なのですから、1年に1回の自動車保険の更新日をただ待つのはもったいないです。

現在加入している保険会社や代理店から、『自動車保険更新のお知らせ』等のハガキが届く、保険期間満了日の90日前以内になったらインターネットを活用して一括見積りをとり、保険料が他社に乗り換えることで何万円も安くなるなら、真剣に検討して乗換準備を始めるべきです。

しつこい営業電話が来ない

意外と勘違いされている人がいるかも知れませんが、一括見積もりサービスを利用することによって、しつこくて迷惑な営業電話がかかってくることは、まずありません。

というか、私も一括見積もりサービスを利用していますが、今までにしつこい営業電話を受けた記憶が無いです。

また、ダイレクトメールがガンガン送られてきて、郵便ポストがパンパンになった経験もありませんので、その点も安心できます。

自動車保険の一括見積もりサービスの短所(デメリット)

プレゼントイメージ

自動車保険の一括見積もりサービスを利用すると、営業電話がガンガンかかってきたり、ダイレクトメールがドシドシ送られてくるといった心配がない代わりに、メールアドレス2年目以降保険期間満了日の約70日前から『毎年1年に1回は、一括見積もりサービスを活用して、保険料を比較しましょう』という感じの案内メールが、満期日の前日まで毎日一通送られてきます。

しかし、案内メールに記載されているリンクから、一括見積もりサービスを利用するだけで、必ずもらえるプレゼント付きなんですから、デメリットと言えないかもしれませんね。

例えば、一括見積もりサービスの 保険の窓口インズウェブ では

  • もれなくハーゲンダッツのミニカップ2個をプレゼント
  • ケンタッキー(オリジナルチキン2ピース)を全員にプレゼント
  • 魚沼産こしひかり3合を無料でプレゼント
  • 最大10種類から好きなグルメ選べる!ぐるめカードをプレゼント

など、利用するだけでどれか一つプレゼントがもらえます。(2018.10.20現在)

自動車保険の一括見積もりサービスの注意点

猫に注意

はじめに一括見積りサービスで、あなた希望の補償内容と範囲の自動車保険を比較して、希望に合った保険会社を2,3選びます。

そして、次にあなたがすべきことは、選んだ保険会社の公式サイトから自動車保険の個別見積もりをとって精査しましょう。

一括見積りサービスでは、各保険会社の微妙に異なる保障範囲や特約内容などを完璧、そして同一に比較することは、まず不可能なのが大きな理由です。

特に、チェックすべき項目は、以下の3点です。

  • 特約
  • 補償範囲
  • 補償内容

さらに、車両保険を付帯する人は、次の3つの違いもチェックしてみてください。

  • 一般型車両保険
  • エコノミー型車両保険
  • 免責金額の設定

自動車保険料における、車両保険料の比める割り合いが高いので、かなりの保険料の違いがみられます。

また、2台目以降の車で新たに自動車保険に加入する時には、保険料の割引を受けられることがあるので、詳しくは各保険会社に問い合わせることをおすすめします。

一括見積もりサービスによっては、これらの割引の対象となる契約のお見積もりはできないことがあるので、一括見積もりサービスで目星をつけた2,3の保険会社の公式サイトで新たに見積りをとり、良く確認してから正式に申し込むことが大切です。

まとめ

女性の顔のイメージ

  1. 自動車保険の一括見積もりサービスは、複数の保険会社に一括で自動車保険の見積もり依頼をすることができる。
  2. 自動車保険の『見直し』や『車を購入』、『保険会社の乗換』を考えている人に一括見積もりサービスがおすすめ。
  3. 自動車保険の満期日が当日、または90日以上先の人長期契約途中解約中断証明書3・4・5・6・7ナンバー以外の車違法改造車、車を持っていない人には、一括見積もりサービスは必要がない。
  4. 自動車保険の一括見積もりサービスの長所は、時間の節約ができること、しつこい営業電話が来ないこと。
  5. 自動車保険の一括見積もりサービスの短所は、メールアドレスに2年目以降に保険期間満了日の約70日前から案内メールが、満期日の前日まで毎日一通送られてくること。
  6. しかし、案内メールに記載されているリンクから、一括見積もりサービスを利用するだけで、必ずもらえるプレゼント付きなので、デメリットと言えないかもしれない。
相談者さん
一括見積もりって、思ったより簡単に出来るんですね。
自動車保険マスター
一括見積もりサービスサイトを、上手に使いこなせるようになりたいですね。
あなたに適した安い自動車保険を選ぶポイント

あなたに適した安い自動車保険を選ぶポイント

自動車保険を出来るだけ安くするコツは「無料一括見積もりサービス」を活用することです。私もおかげさまで38,240円安くなりました。

最短3分の入力で複数の保険会社に見積り依頼ができプランを比較できるので便利です。今までに400万人以上の人が利用して保険料の節約に成功しています。

一括見積もりサービス

シェアする

フォローする