自動車保険の等級制度についての質問と回答(FAQ)

シェアする

質問するイメージ

相談者さん
自動車保険の等級について、色々聞きたいことがあるんですけど教えてもらえますか?
自動車保険マスター
自動車保険の等級制度について、よくある質問と回答を整理してみたので活用してくださいね。

自動車保険の等級についてのよくある質問とは、どのようなものでしょうか。

9種類のよくある質問、FAQを整理しました。

自動車保険の等級とは

自動車保険の等級イメージ

自動車保険の等級(ノンフリート等級)とは、損害保険会社が共同で運用している制度で、日本の損害保険会社のみならず外資系の損害保険会社も含め、損害保険会社間の乗り換え時の等級引継ぎが可能です。

前年契約期間中の事故内容や回数に応じて、翌年保険料の割増や割引が実施され、等級で表示されます。

保険料の割増率は1等級が最大で、保険料の割引率は20等級が最大です。

自動車保険の等級 1等級 20等級
自動車保険の保険料 高い 安い

自動車保険の等級についてよくある質問と回答(FAQ)

FAQイメージ

損害保険会社を乗り換え(変更)した場合、等級(ノンフリート等級)は引き継がれますか?

質問
損害保険会社を乗り換え(変更)した場合、等級(ノンフリート等級)は引き継がれますか?

回答
はい、引き継がれます。国内の損害保険会社間のみでなく外資系の損害保険会社も含め、情報交換ネットワークにより前契約情報の確認を行っていますので、損害保険会社を乗り換え(変更)した場合でも以前の等級を引き継ぐことができます。

前契約が1等級から5等級の場合、継続(更新)契約しないで損害保険会社を乗り換えて新規契約をすれば、等級がリセットされますか?

質問
前契約が1等級から5等級の場合、継続(更新)契約しないで損害保険会社を乗り換えて新規契約をすれば、等級がリセットされますか?

回答
いいえ、リセットされません。前契約が1等級から5等級の場合や、「事故あり係数適用期間」が1年から6年の場合は、前契約の保険期間満了日(又は保険解約日)から13ヵ月間は前契約の等級、および「事故あり係数適用期間」が引継がれます

「事故あり係数適用期間」とは何ですか?

質問
「事故あり係数適用期間」とは何ですか?

回答
自動車保険の等級は同じでも、「無事故」と「事故あり」で割増引率が違います。「無事故」の時よりも「事故あり」の場合に低い割引率が適用されます。この適用される期間が「事故あり係数適用期間」です。

例:20等級で3等級ダウン事故(1回)があった場合

1年目 2年目 3年目 4年目 5年目
無事故の割増引率 20等級 20等級
事故ありの割増引率 17等級 18等級 19等級
事故あり係数適用期間 0年 3年 2年 1年 0年
補足
初めて契約の場合は「事故あり係数適用期間」は0年となります。1等級から6等級では事故の有無で割増引率はかわりません。

自動車保険を解約した場合、再契約時に現等級を引き継ぐことができますか?

質問
自動車保険を解約した場合、再契約時に現等級を引き継ぐことができますか?

回答
はい、以下の条件のいずれかを満たした場合に「中断制度」を活用すれば、引き継ぐことができます。

  • 契約対象車を廃車や一時抹消、譲渡や返還した場合
  • 契約対象車が盗難被害に遭った場合
  • 契約対象車の廃車や一時抹消、譲渡や返還、又は盗難で、すでに所有する別車と入れ替えた場合
  • 契約対象車の車検切れにより使用不可になった場合
  • 記名被保険者の海外渡航日より6ヶ月前の日以降に満期日または解約日がある場合
注意
等級引継ぎには「中断証明書」を契約の満期日や解約日から5年以内に発行する必要があります。

中断証明書については以下の記事を参照ください。

今まで乗っていた自動車が必要なくなり、手放すような時には、自動車保険会社に積極的に自動車保険の中断証明書を発行してもらい、将来に再び本人はもちろん配偶者や同居の親族が、お得に自動車保険に加入出来るように備えておきましょう。

3等級ダウン事故や1等級ダウン事故、またはノーカウント事故の違いは何ですか?

質問
3等級ダウン事故や1等級ダウン事故、またはノーカウント事故の違いは何ですか?

回答
通常、事故で自動車保険を使った場合、翌年のノンフリート等級は事故1回につき3等級下がるので、これを3等級ダウン事故といいます。更に、事故状況等によって、1等級下がる1等級ダウン事故や、等級に影響しないノーカウント事故もあります。

3等級ダウン事故 基本的な事故で保険を使った場合
1等級ダウン事故 自然災害、盗難、火災爆発・飛来落下物との衝突・落書き・窓ガラス破損で車両保険を使った場合
ノーカウント事故 弁護士特約・個人賠償特約・ファミリーバイク特約・人身傷害・搭乗者障害のみを使った場合
注意
上記は一例ですので、詳細は契約保険会社の「重要事項説明書」や「約款」等を御覧ください。

6S等級と6F等級、7S等級と7F等級の違いとは?

質問
6S等級と6F等級、7S等級と7F等級の違いとは?

回答
6S等級や7S等級とは、「前年契約なし」を意味し、6F等級や7F等級は「前年契約あり」を意味します。なお、損害保険会社によっては6S等級や7S等級の代わりに、6A等級や7A等級、6B等級や7B等級、6C等級や7C等級、6E等級や7E等級、6G等級や7G等級と表記される場合があります。

アルファベットは加入時の年齢条件で区別されます。

  • A:年齢制限無し
  • B:21歳以上を補償
  • C:26歳以上を補償
  • E:30歳以上を補償
  • G:35歳以上を補償

同じ保険期間中に事故を2回起こし保険を使った場合、等級や「事故あり係数適用期間」はどのようになりますか?

質問
同じ保険期間中に事故を2回起こし保険を使った場合、等級や「事故あり係数適用期間」はどのようになりますか?

回答
同じ保険期間中に事故を2回起こし保険を使った場合、事故1件毎に等級ダウンして「事故あり係数適用期間」が加算されます。

例:14等級の方が3等級ダウン事故2回で保険を使った場合は、以下のようになります。

1年目 2年目 3年目 4年目 5年目 6年目 7年目 8年目
無事故の割増引率 14等級 14等級
事故ありの割増引率 8等級 9等級 10等級 11等級 12等級 13等級
事故あり係数適用期間 0年 6年 5年 4年 3年 2年 1年 0年

2年連続で事故を起こし保険を使った場合、等級や「事故あり係数適用期間」はどのようになりますか?

質問
2年連続で事故を起こし保険を使った場合、等級や「事故あり係数適用期間」はどのようになりますか?

回答
2年連続で事故を起こし保険を使った場合、事故1件毎に等級ダウンして「事故あり係数適用期間」が加算されます。

例:14等級の方が3等級ダウン事故を2年連続で保険を使った場合は、以下のようになります。

1年目 2年目 3年目 4年目 5年目 6年目 7年目 8年目
無事故の割増引率 14等級 13等級
事故ありの割増引率 11等級 8等級 9等級 10等級 11等級 12等級
事故あり係数適用期間 0年 3年 5年 ※1 4年 3年 2年 1年 0年
注意
※1:「事故あり係数適用期間」は1年経過毎に前年の「事故あり係数適用期間」から1を引くので、前年の「事故あり係数適用期間」(3年)-1年経過分(1年)+3等級ダウン事故分(3年)=3-1+3=5年

「事故あり係数適用期間」に上限はありますか?

質問
「事故あり係数適用期間」に上限はありますか?

回答
はい、上限は6年です。

例:3年連続で3等級ダウン事故を起こし、全ての事故で保険を使った場合

1年目 2年目 3年目 4年目 5年目 6年目 7年目 8年目
無事故の割増引率 18等級
事故ありの割増引率 15等級 12等級 9等級 10等級 11等級 12等級 13等級
事故あり係数適用期間 0年 3年 5年 ※1 6年 ※2 5年 4年 3年 2年
注意
※1:「事故あり係数適用期間」は1年経過毎に前年の「事故あり係数適用期間」から1を引くので、前年の「事故あり係数適用期間」(3年)-1年経過分(1年)+3等級ダウン事故分(3年)=3-1+3=5年
※2:前年と同じように計算する場合、5-1+3=7年だが、6年上限のため6年

まとめ

理解できたイメージ

自動車保険の等級制度についてよくある質問と回答として、9種類のFAQを整理しました。

初めて自動車保険に加入(純新規契約)する場合、1等級からでなく6等級からスタートしますが、セカンドカー割引(複数所有新規)を利用すれば7等級からお得にスタートできますので覚えておきましょう。

自動車保険の等級制度について、以下の記事も参考にしてください。
参考記事 自動車保険の等級制度とは?初心者にも分かりやすく説明
参考記事 自動車保険会社間で確認する等級関連の情報交換制度とは

当サイト内のコンテンツ『自動車保険の見積相場比較記事早見表』から、あなたの状況と近い記事を読むと、自動車保険の相場や選び方のコツなど参考になると思います。

相談者さん
自動車保険の等級について、わからなかったことが分かってスッキリしました!
自動車保険マスター
自動車保険の等級制度の疑問点等が解消できると気持ち良いですよね。
あなたに適した安い自動車保険を選ぶポイント

あなたに適した安い自動車保険を選ぶポイント

自動車保険を出来るだけ安くするコツは「無料一括見積もりサービス」を活用することです。私もおかげさまで38,240円安くなりました。

最短3分の入力で複数の保険会社に見積り依頼ができプランを比較できるので便利です。今までに400万人以上の人が利用して保険料の節約に成功しています。

一括見積もりサービス

シェアする

フォローする