自動車保険の等級制度とは?初心者にも分かりやすく説明

シェアする

自動車保険の等級イメージ

相談者さん
自動車保険の等級制度について教えてもらえますか?
自動車保険マスター
自動車保険の等級は1等級から20等級まであり、等級に応じ保険料の割引や割増される制度のことですね。

自動車の保険には、一般的に強制保険と呼ばれている「自賠責保険(自動車賠償責任保険)」と、任意保険の「自動車保険」があります。

強制保険の「自賠責保険」は、車の用途車種と保険期間によって保険料が決まっていて、事故の有無にかかわらず保険料は一律です。

参考 自賠責保険(強制保険)とは?初心者にも分かりやすく説明

しかし、任意保険の「自動車保険」は、車の用途車種と保険期間(基本的に1年間)以外にも、事故の有無により増減する等級(ノンフリート等級)制度に応じて、保険料が決定します。

自動車保険の等級とは

階段イメージ

自動車保険の等級は、損害保険会社が共同で運用している制度で、日本の損害保険会社のみならず外資系の損害保険会社も含め、損害保険会社間の乗り換え時の等級引継ぎが可能です。

1等級から20等級に区分され、事故の有無(正確には保険金を請求するか、請求しないか ※1)によって、自動車保険の更新時に等級が増減し保険料に影響します。

保険料の割増率は1等級が最大で、保険料の割引率は20等級が最大です。

自動車保険の等級 1等級 20等級
自動車保険の保険料 高い 安い

なお、同じ等級でも「事故あり ※2」より「事故なし」の方が割引率が高く、保険料が安くなります。

※1:保険金を請求しても事故としてカウントされない事故(ノーカウント事故)もあります。
※2:例えば3等級ダウン事故の場合は次年度から3年間、1等級ダウン事故の場合は次年度から1年間、「事故あり係数」が適用され通常より割高になります。

自動車保険の「純新規契約」は6等級か7等級でスタート

6と7のイメージ

初めて自動車保険に加入(純新規契約)する場合、1等級からでなく6等級からスタートしますが、セカンドカー割引(複数所有新規)を利用すれば7等級からお得にスタートできます。

解説
Q:複数所有新規(セカンドカー割引)とは?
A:通常、初めて自動車保険を契約する場合、ノンフリート等級(無事故割引等級)は6等級が適用されますが、2台目以降の車に初めて自動車保険を契約する場合は7等級が適用されます。
この複数所有新規は以下の条件を満たした場合に適用されます。
1.1台目の車に適用されている等級が11等級以上であること。
2.1台目および2台目以降の車がいずれも以下の用途車種であること。
・自家用普通乗用車
・自家用小型乗用車
・自家用軽四輪乗用車
・自家用軽四輪貨物車
・自家用小型貨物車
・自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン以下)
・自家用普通貨物車(最大積載量0.5トン超2トン以下)
・特種用途自動車(キャンピング車)
3.他の契約の車の所有者と、今回見積りする車の所有者が共に個人であること。
(所有者がディーラー、ローン会社、リース業者(1年以上のリース)の場合には、車検証記載の使用者を所有者とみなします)
4.2台目以降の契約の所有者が、1台目の契約の「所有者と同一」または「記名被保険者と同一」または「記名被保険者の配偶者」または「同居の親族」であること。
5.2台目以降の契約の記名被保険者が、1台目の契約の「記名被保険者と同一」または「記名被保険者の配偶者」または「同居の親族」であること。

6等級と7等級に付くアルファベットの意味

アルファベットのイメージ

6等級および7等級は、自動車保険に始めて加入する時(純新規加入)に適用される等級です。

自動車保険の等級制度は、1等級から20等級まで「数字」で区分されますが、6等級と7等級のみ、「数字+アルファベット」で区分されます。

保険会社により表記の違いが見られますが、一般的な表記の意味は以下のとおりです。

等級 意味
6S 他社含め自動車保険に初加入の「純新規契約」
6A 他社含め自動車保険に初加入で年齢条件「年齢制限なし」
6B 他社含め自動車保険に初加入で年齢条件「21歳以上を補償」
6C 他社含め自動車保険に初加入で年齢条件「26歳以上を補償」
6E 他社含め自動車保険に初加入で年齢条件「30歳以上を補償」
6G 他社含め自動車保険に初加入で年齢条件「35歳以上を補償」
6F 他社含め自動車保険前年契約ありの「継続契約」
7S 他社含め自動車保険に初加入(セカンドカー割引適用)の「純新規契約」
7A 他社含め自動車保険に初加入(セカンドカー割引適用)で年齢条件「年齢制限なし」
7B 他社含め自動車保険に初加入(セカンドカー割引適用)で年齢条件「21歳以上を補償」
7C 他社含め自動車保険に初加入(セカンドカー割引適用)で年齢条件「26歳以上を補償」
7E 他社含め自動車保険に初加入(セカンドカー割引適用)で年齢条件「30歳以上を補償」
7G 他社含め自動車保険に初加入(セカンドカー割引適用)で年齢条件「35歳以上を補償」
7F 他社含め自動車保険前年契約ありの「継続契約」

等級ダウン数は事故の種類で違う

5W1Hイメージ

自動車保険の等級は、事故を起こし保険金を請求すると基本的に「3等級ダウン」します。

しかしながら、事故の種類によっては「1等級ダウン」や「ノーカウント」の場合もあります。

3等級ダウン事故 基本的な事故(他人の物を壊す・他人を死傷させる・自分の車を壊す等)で保険金を請求した場合
1等級ダウン事故 自然災害(台風・竜巻・洪水・高潮)、盗難、火災爆発・飛来落下物との衝突・いたずら落書き・窓ガラス破損・騒じょう労働争議で車両保険を請求した場合
ノーカウント事故 弁護士特約・個人賠償特約・ファミリーバイク特約・人身傷害・搭乗者障害のみを使った場合
注意
上記は一例であり概要ですので、詳細は契約保険会社の「重要事項説明書」や「契約のしおり」、「約款」等をご確認ください。

まとめ

等級のまとめイメージ

  1. 自動車保険の等級(ノンフリート等級)は、損害保険会社が共同で運用している制度で、1等級から20等級に区分される。
  2. 初めて自動車保険に加入(純新規加入)する場合、6等級または7等級(セカンドカー割引適用時)からスタートする。
  3. 自動車保険の等級制度は、1等級から20等級まで「数字」で区分されるが、6等級と7等級のみ、「数字+アルファベット」で区分される。
  4. 等級ダウン数は、事故の種類により異なり、基本的な「3等級ダウン事故」、「1等級ダウン事故」、「ノーカウント事故」に分類される。

自動車保険の等級について、以下の記事も参考にしてください。
参考記事 自動車保険の等級についてよくある質問と回答(FAQ)
参考記事 自動車保険会社間で確認する等級関連の情報交換制度とは

当サイト内のコンテンツ『自動車保険の見積相場比較記事早見表』から、あなたの状況と近い記事を読むと、自動車保険の相場や選び方のコツなど参考になると思います。

相談者さん
自動車保険に初めて加入する場合は、6等級か7等級からなんですね。
自動車保険マスター
自動車保険の保険料は1等級が最も高くなり、20等級がもっとも安くなりますね。
あなたに適した安い自動車保険を選ぶポイント

あなたに適した安い自動車保険を選ぶポイント

自動車保険を出来るだけ安くするコツは「無料一括見積もりサービス」を活用することです。私もおかげさまで38,240円安くなりました。

最短3分の入力で複数の保険会社に見積り依頼ができプランを比較できるので便利です。今までに400万人以上の人が利用して保険料の節約に成功しています。

一括見積もりサービス

シェアする

フォローする