車を購入後の自動車保険変更手続き方法を初心者にも分かりやすく説明

シェアする

車購入ダンスイメージ

相談者さん
クルマを買い換えようかと思っているんですけど、自動車保険の手続きは何をすれば良いんですか?
自動車保険マスター
自動車の納車時期が決まったら、速やかに自動車保険会社か損保代理店に連絡をして、車両入替手続きをしましょう。

自動車保険の対象車を、今まで何年も乗ってきた思い出がいっぱい詰まった愛車から、新しい相棒となる車に変更する手続きを、車両入替手続きと言います。

この手続きを忘れてしまうと、新しい車で事故があった時などに、保険が効かない場合があるので注意が必要です。

車を買い替え時の自動車保険変更手続きとは?

車購入した美しい女性

新しい車に乗り換える場合には、現在加入中の自動車保険の保険対象の車から、新しい車に変更する手続き(車両入替手続き)をしましょう。

タイミング的には、購入する自動車ディーラー(新車や中古車の自動車販売店)から、陸運事務局や軽自動車検査協会で車の登録が完了次第、すぐに自動車検査証(車検証)のコピーをFAXなどで送ってもらうように手配しておきます。

そして、新しい車検証のコピーを手に入れたら、すぐに保険会社か代理店に連絡して納車日までに車両入替手続きを完了しておくのがベストです。

保険会社に車両入替の手続き連絡をする前に、用意するものは次の2点です。

・新しい車の自動車検査証(車検証)のコピー(自動車ディーラーから取り寄せる)
・現在加入している自動車保険証券(無くても可能ですが、有る方が便利)

上記の書類から、車両番号(ナンバー)、用途車種、型式、初年度登録年月、車台番号などが分かります。

その他にも、自動車メーカー名、車名、使用者名、所有者名などの情報も分かりますから、それらの情報を元に車両入替の手続きをしましょう。

新しい車に乗り換えるので、適切な車両保険金額の再設定や、運転者の年齢条件設定、運転者限定の確認なども、車両入替手続きと一緒に、補償の見直しをすることが大切ですね。

そして、新しい車が納車される日を保険切替日に設定します。

加入している自動車保険会社か損保代理店に電話で連絡をするか、自動車保険会社の公式ウェブサイト上で車両入替手続をしましょう。

納車日までに車両入替による自動車保険料の差額精算を済ませておけば、晴れて新しい車を保険対象に納車日から補償が開始されます。

知人や友人など知り合いから車を購入する時の手続方法

友人

自動車ディーラー(新車や中古車の販売店)から購入する以外では、お知り合いの方やお友達から車を譲り受ける場合も想定されます。

このようなケースでは自動車保険の車両入れ替え手続きはどうすればいいでしょうか。

結論から先に言うと、現在乗ってる車から譲り受けた車に乗り換える場合も、基本的に車を買い替えた時の車両入れ替え手続きと同じです。

加入している保険会社か代理店に電話で連絡をするか、自動車保険会社の公式ウェブサイト上で車両入替手続をします。

注意点
このような個人売買では保険手続きする前に、車検証の名義変更を先に済ませておくことが重要です。

家族や同居の親族が新しく車を購入する時の手続方法

家族全員で乗車

親子の場合は、次のようなケースも考えられます。

今まで支払ってきた自動車保険料に、新たに購入した同居中の息子さんや娘さんが新たに購入した車の自動車保険代金も合わせると、合計の支払い金額はかなりの金額になり、自動車保険代が重くのしかかってきます。

少しでも自動車保険料の負担を減らせないかと誰でも考えることでしょう。

車両入替方法を工夫すると、2台分の合計自動車保険料をかなり減らせることが出来る場合があります。

ある家庭のケース(小島さん一家)を想定して、簡単に説明します。

今までは、父親・勝さんの愛車の自動車保険料(20等級)約5万円のみ支払っていたので、家計に与える負担もそんなに大きくありませんでした。

しかし月日が立つのは早いもので、同居中の可愛い娘・愛さんの就職も決まり中古車を購入することにしました。

愛さんは自分の車購入費用代金を、今までアルバイトして貯めたお金で購入したものの、自動車保険代金(約25万円)のことまで考えて無かったのでお金に余裕がなくなり、父親に泣きついてきたのです。

このように親御さんが、同居中の息子さんや娘さんが購入した車の自動車保険料を負担しているケースって、本当に多いですね。

今まで勝さんが払ってきた自動車保険料は約5万円でしたが、愛さんの自動車保険料の約25万円も合わせると、合計約30万円を負担することになるのです。

さあ大変です、小島さん一家に自動車保険料が家計に重くのしかかってきます。

そこで次のように、車両入替と複数所有新規の手続きを取ると、2台分の自動車保険料をかなり抑える事ができます。

父(勝さん)の愛車
【通常】現在の車(20等級)

現在の車を対象に『新たに新規契約+複数所有新規』で契約(7等級)

娘(愛さん)の購入車
【通常】新たに購入した車は『新規契約+複数所有新規』で契約(7等級)

父の自動車保険から『車両入替』手続きした場合(20等級)

すると、通常の新規契約の場合、車2台分の自動車保険料の合計は、約5万円(父20等級)+約25万円(娘7等級)=約30万円かかります。

しかし、新規契約ではなくて上記の車両入替すると、約9万円(父7等級)+約11万円(娘20等級)=約20万円に抑えられます。
※小島さん一家の場合

差額はなんと約10万円です、何ということでしょう。

ただし、自動車の種類や各家庭状況などによって、補償内容も各家庭ごとに違いますから、実際の保険料は異なります。

上記の例は、ある小島さん一家を想定した、自動車保険料の大まかな計算例です。

また等級の引き継ぎ条件として、同居の親族や配偶者である必要があります。

補足
上記の小島さん一家の例のような車両入替手続き方法は、同居中の娘さんが新しく車を購入した場合に可能です。すでに小島さん一家に父の車と娘の車が2台ある場合は、その2台の自動車同士で上記のような車両入替は出来ません。

また、親と同居中であることなども条件ですので注意が必要です。

まとめ

家族イメージ

早め早めに手続きすることを心がけて、自動車ディーラーから車の登録完了次第、すぐに車検証のコピーを送ってもらう段取りを手配しておきましょう。

そして自動車保険会社か損保代理店に連絡して、納車前に車両入替手続きを済ませておくべきです。

また、小島さん宅のケースのように家族単位で自動車保険のことを考えると、家族全員分の自動車保険代金分トータルで、かなりの保険料の節約ができる場合が多いのです。

家族単位で考えて車両入替手続きをすれば、トータル保険料が割安になることが多いので、忘れないで覚えておくと良いですよ。

相談者さん
車屋さんから車検証のコピーを送ってもらって、納車前に車両入替手続きを済ませておくことが大切なんですね。
自動車保険マスター
早めに手続きすることを心がけると良いですよ。

素敵!