保険の窓口インズウェブで自動車保険の比較見積りの取り方を徹底解説

シェアする

保険の窓口インズウェブ一括見積もり

出典:保険の窓口インズウェブ

相談者さん
自動車保険の一括見積もりを取ってみようと思うんですけど、教えてもらえますか?
自動車保険マスター
それでは保険の窓口インズウェブで一括見積もりを取る方法を説明しますね。

この記事に検索からたどり着いた方は、現在加入中の代理店型(従来型)自動車保険から、通販型(ダイレクト型)自動車保険に乗り換えることで、保険料を今より安くするべく見積りをとろうとしている方でしょう。

または、以前からダイレクト型自動車保険に加入している方で、継続するより他社に乗り換えた方がインターネット割引料金は大きくお得になる(例えばソニー損保の場合、新規契約10000円引き継続契約2000円引きで、何と差額8000円も違う)ことを知って、自動車保険一括見積りに興味を持った方かもしれませんね。

自動車保険に詳しい方は携帯電話会社を乗り換える感覚で、気軽に自動車保険の乗り換えを検討して行動しています。

なかには、お気に入りの自動車保険を取り扱っている損害保険会社2社を、毎年の更新時期に乗り換えている行動派もいるのです、だってお得なのですから。

携帯電話だって、ずっと同じ携帯会社に加入していた方が、面倒な手続きもなくて楽ですよね。

でも面倒なのを承知でお得だから、例えばドコモとソフトバンクを乗り換えて、新型スマホに買い換える感覚と同じなのです。

今回は、自動車保険の乗り換えに便利な、無料一括見積もりサービス「保険の窓口 インズウェブ」を解説します。

保険の窓口 インズウェブについて

保険の窓口 インズウェブ

2000年4月よりサービスを開始した自動車保険の一括見積もりサービス「保険の窓口 インズウェブ」を運営しているのは、SBIホールディングスです。

一括見積り「保険の窓口 インズウェブ」の特徴や長所と短所は以下を参照してください。

現在加入中の自動車保険を、同じ条件かつ他の保険会社へ乗り換えで保険料が何万円も今より安くなるなら、乗り換えを真剣に検討することでしょう。自動車保険の乗換時に便利な、一括見積もりサービス「保険の窓口 インズウェブ」に焦点を当てて解説します。

保険の窓口インズウェブ一括見積もりの取り方を徹底解説

インズウェブ一括見積もりの取り方

それでは実際に、自動車保険の一括見積もりサービス「保険の窓口 インズウェブ」で見積もりを取ってみましょう。

スムーズに入力できてとても簡単です。PCはもちろん、スマホでも見積もりがとれます。

入力時間は大体5分でOKです。それでは実際に見積もりをとる手順(他社から乗り換える方)を説明します。

自動車保険の無料一括見積もりサービス「保険の窓口 インズウェブ」はこちら

見積もり依頼スタートボタンをクリック

右側の『一括見積もりスタート』ボタンをクリックします。

保険の窓口インズウェブ一括見積もり

愛車の初度登録年月やメーカー名、車名や型式を選択

愛車の初度登録年月やメーカー名、車名や型式を選択したら、最下段の『

次へ進む →』ボタンをクリックします。

保険の窓口インズウェブ一括見積もり1

保険契約の加入状況や使用状況を入力

保険契約の加入状況や使用状況を入力を入力します。年間走行距離なども入力したら、『次へ進む ▶』ボタンをクリックします。

年間走行距離の詳細は以下を参照してください。

車の走行距離の違いで自動車保険料が変わるって本当?年間走行距離区分で保険料が割安になる自動車保険があります。走る分だけ保険料を払う自動車保険の仕組みとは、一体どうなっているのでしょう。

保険の窓口インズウェブ一括見積もり2-1

保険の窓口インズウェブ一括見積もり2-2

愛車のナンバーや現在契約中の自動車保険内容を選択

愛車のナンバー(登録番号)や現在契約中の自動車保険内容を選択したら、最下段の『

次に進む ▶』ボタンをクリックします。

保険の窓口インズウェブ一括見積もり3-1

保険の窓口インズウェブ一括見積もり3-2

運転者の情報(記名被保険者)を入力

運転者の情報(記名被保険者)を入力したら『次に進む ▶』ボタンをクリックします。

保険の窓口インズウェブ一括見積もり4-1

保険の窓口インズウェブ一括見積もり4-2

保険契約者の情報を入力

保険契約者の情報を入力したら、最下段の『次に進む ▶』ボタンをクリックします。

保険の窓口インズウェブ一括見積もり5-1

保険の窓口インズウェブ一括見積もり5-2

補償内容と補償範囲の情報を入力

補償内容と補償範囲の情報を入力します。とくに車を運転する人の補償の範囲と、年齢条件の選択は、よく考えて選びましょう。

運転者限定の詳細は以下を参照してください。

運転者の限定条件は、節約するコツやポイントのひとつです。運転者を限定するほど保険料は割安になりますが、実際に事故が起きたときに運転者の条件から外れていた場合、事故による損害が補償されないので注意しなければなりません。

年齢条件の詳細は以下を参照してください。

運転者の年齢条件は、節約するコツやポイントのひとつです。運転者の年齢の範囲を限定すればするほど保険料は割安になりますが、実際に事故が起きたときに運転者の年齢が条件から外れていた場合、事故による損害が補償されないので注意しなければなりません。

補償内容と補償範囲の情報を入力したら、最下段の『次に進む ▶』ボタンをクリックします。

保険の窓口インズウェブ一括見積もり6-1

保険の窓口インズウェブ一括見積もり6-2

保険の窓口インズウェブ一括見積もり6-3

入力内容の確認

さあ、保険の窓口インズウェブの自動車保険一括見積りを受け取るために最終入力内容確認です。間違いはありませんか?

車両保険は、『一般車両保険』と『エコノミー車両保険』のどちらを選択するか、また免責金額をいくらで設定するかによって保険料がかなり変わりますので、色々試してみてください。

補償内容を確認したら、最下段の『見積もりをGET →』ボタンをクリックします。

保険の窓口インズウェブ一括見積もり7-1

保険の窓口インズウェブ一括見積もり7-2

保険の窓口インズウェブ一括見積もり7-3

保険の窓口インズウェブ一括見積もり7-4

保険の窓口インズウェブ一括見積もり7-5

見積もりを受け取る

すると私の場合は、以下の保険会社8社から見積もりが送られてきます。

  • イーデザイン損保
  • ソニー損保
  • おとなの自動車保険(セゾン自動車保険)
  • そんぽ24
  • BSI損保
  • アクサダイレクト
  • チューリッヒ
  • 三井ダイレクト

あなたは何社から見積もりが送られてくるでしょうか?

ポイント
あなたがお住まいの地域や、年齢、事故歴、または現在の自動車保険契約状況など、様々な要因で見積もり依頼可能な保険会社が選ばれますので、2,3社からの見積もりのみの場合もあります。

予想よりも簡単に自動車保険一括見積もりを取ることが出来ました。

この記事を参考に一括見積もりに挑戦した方はお疲れ様でした。

もしも、一括見積もりをしようか悩んでいるならば、無料で便利ですから活用すべきです。

自動車保険の無料一括見積もり「保険の窓口インズウェブ」の詳細はこちら

まとめ

まとめ

1.保険の窓口インズウェブを運営しているのは、SBIホールディングスです。

2.保険の窓口インズウェブ一括見積もりの取り方は以下のとおりです。

  1. 自動車保険の無料一括見積もり「保険の窓口インズウェブ」はこちら
  2. 見積もり依頼スタートボタンをクリック
  3. 愛車の初度登録年月やメーカー名、車名や型式を選択
  4. 保険契約の加入状況や使用状況を入力
  5. 愛車のナンバーや現在契約中の自動車保険内容を選択
  6. 運転者の情報(記名被保険者)を入力
  7. 保険契約者の情報を入力
  8. 補償内容と補償範囲の情報を入力
  9. 入力内容の確認
  10. 見積もりを受け取る
相談者さん
初めてでドキドキでしたけど、思ってたより簡単に出来たんでちょっと驚きしました。
自動車保険マスター
実際にやってみて意外と簡単だったと感想を述べる方は多いですね。興味がある方は無料で便利ですから利用してみましょう。
あなたに適した安い自動車保険を選ぶポイント

あなたに適した安い自動車保険を選ぶポイント

自動車保険を出来るだけ安くするコツは「無料一括見積もりサービス」を活用することです。私もおかげさまで38,240円安くなりました。

最短3分の入力で複数の保険会社に見積り依頼ができプランを比較できるので便利です。今までに400万人以上の人が利用して保険料の節約に成功しています。

一括見積もりサービス

シェアする

フォローする