ダイレクト自動車保険は継続契約より他社乗換で新規契約が断然お得

シェアする

ダイレクト自動車保険

相談者さん
ダイレクト型自動車保険に乗り換えて2年以上になるんですけど、何か割安感が減ったような感じがするんです・・。気のせいでしょうか?
自動車保険マスター
ダイレクト型いわゆる通販型の自動車保険の割引率は、新規契約と継続契約でかなり違う場合もあるので、気のせいではありませんよ。

この記事に検索からたどり着いた人は、代理店型(従来型)自動車保険より、通販型(ダイレクト型)自動車保険に乗り換えることで、ほとんどの場合、保険料が安くなることを既に承知している人が多いでしょう。

または、実際に自動車保険を他社へ乗り換えてダイレクト型自動車保険に入り、保険料が安くなってお得感を満喫されている人かもしれませんね。

しかし、ダイレクト型自動車保険で継続契約して2年目以降になってくると、「あれっ?なんか割安感が減ったような気がする・・。」と感じるようになる人もいます。

これは気のせいでしょうか?いいえ、気のせいではありません。

ダイレクト型自動車保険の他社乗換などによる新規契約と、2年目以降の継続契約の割引率の違いについて詳しくお話します。

ダイレクト型(通販型)自動車保険とは?

ダイレクト型(通販型)自動車保険とは

自動車保険には、大きく分けてダイレクト(通販)型と代理店型(従来型)の加入方法があります。

ダイレクト(通販)型自動車保険は、テレビのコマーシャル等でお馴染みのインターネット電話から直接、自動車保険に申し込み加入するタイプの自動車保険です。

ダイレクト型(通販型)自動車保険の長所は、代理店を通さないことによるコスト削減効果を存分に受けることが出来るので、自動車保険料が安くなることなどが挙げられます。

短所としては、事故後に保険金請求する際に書類を、自分で全部書かなければいけないことなどが挙げられます。

しかし、わからないことがあれば、恥ずかしがらず積極的に電話等で、損保事故担当者に質問や相談すれば、きっと丁寧に答えてアドバイスをしてくれるので問題ないでしょう。

また、自動車保険に加入時や更新時が対面式ではないので、身支度など気にせずに気軽に自動車保険の契約ができることも挙げられます。

自動車保険を選ぶコツやポイントは以下を参照してください。

自動車保険を選ぶコツやポイントとは、一体どのようなものがあるでしょうか。色々な視点から比べてみると、何に重点を置くかによって、また違った特徴などを発見出来たりします。今回はダイレクト型と代理店型の違いに絞って、説明していきたいと思います。

ダイレクト型が安いのは新規契約の初年度のみ?

ダイレクト型が安いのは新規契約の初年度のみ?

ダイレクト型(通販型)自動車保険は、他社から乗り換えた年の新規契約は割引率が高いのでお得です。

新規契約には他社からの乗り換えや純新規、複数所有新規を含みます。

しかしながら、お得度満載のダイレクト自動車保険の新規契約でも、2年目以降の継続契約は割引率が大幅ダウンしお得度が低くなる保険会社もあります。

なお、当サイトは最新の情報を正確に読者へお届けするべく、常に注意を払っておりますが、各保険会社の約款変更や監督省庁の方針変更などに対応するタイムラグが発生する場合もございます。

よって最終的な判断をする前に、疑問点などは各損保会社に直接お問い合わせをして確認することをおすすめします。

それでは、わかりやすく説明しましょう。

既にダイレクト型自動車保険に加入している人でも、継続して2年目以降になると割安感が薄れ、お得度が下がる自動車保険があります。

どういうことかと言うと継続契約より、他社に乗り換えて新規契約した方がインターネット割引額は大きくお得になるのです。

例えば、ソニー損保インターネット割引の場合、新規契約10000円引き継続契約2000円引きで、何と差額8000円も違うことは意外と知られていません。

それではソニー損保以外の、ダイレクト型自動車保険を取り扱っている損害保険会社別に新規契約割引率と2年目以降の継続契約割引率を検証してみましょう。

各ダイレクト自動車保険別インターネット割引額一覧表

保険会社 【新規契約】
1年目(初年度)
【継続契約】
2年目以降
ソニー損保 10,000円割引 2,000円割引
SBI損保 10,000円割引 10,000円割引
チューリッヒ
※1
【一括払いの場合】
◆保険料15万円以上
20,000円割引
◆保険料10万~15万円未満
15,000円割引
◆保険料6万~10万円未満
13,000円割引
◆保険料4.5万~6万円未満
12,000円割引
◆保険料3万~4.5万円未満
8,000円割引
◆保険料30,000円未満
3,000円割引
【継続1回目】
◆保険料45,000円以上
5,000円割引
◆保険料3万~4.5万円未満
4,000円割引
◆保険料30,000円未満
2,000円割引
【継続2回目以降】
1,500円割引
アクサダイレクト
※2
【一括払いの場合】
◆保険料130,000円以上
2,0000円割引
◆保険料12万~13万円未満
19,000円割引
◆保険料11万~12万円未満
18,000円割引
◆保険料10万~11万円未満
17,000円割引
◆保険料9万~10万円未満
16,000円割引
◆保険料8万~9万円未満
15,000円割引
◆保険料7万~8万円未満
14,000円割引
◆保険料6万~7万円未満
13,000円割引
◆保険料5.5万~6万円未満
12,000円割引
◆保険料5万~5.5万円未満
11,000円割引
◆保険料4.5万~5万円未満
10,000円割引
◆保険料4万~4.5万円未満
9,000円割引
◆保険料3.5万~4万円未満
8,000円割引
◆保険料3万~3.5万円未満
7,000円割引
◆保険料3万~3.5万円未満
7,000円割引
◆保険料2.5万~3万円未満
6,000円割引
◆保険料2万~2.5万円未満
4,000円割引
◆保険料2万円未満
2,000円割引
【継続1回目】
◆保険料118,800円以上
5,000円割引
◆保険料108,000~118,800円未満
4,500円割引
◆保険料97,200~108,000円未満
4,000円割引
◆保険料86,400~97,200円未満
3,500円割引
◆保険料75,600~86,400円未満
3,000円割引
◆保険料64,800~75,600円未満
2,500円割引
◆保険料27,000~64,800円未満
2,000円割引
◆保険料21,600~27,000円未満
1,500円割引
◆保険料21,600円未満
1,000円割引
【継続2回目以降】
1,000円割引
おとなの自動車保険
(セゾン自動車保険)
10,000円割引 10,000円割引
イーデザイン損保 10,000円割引 10,000円割引
三井ダイレクト
※3
【年払いの場合】
◆割引前保険料が6万円以上
10,000円割引
◆割引前保険料が4万~6万円未満
7,000円割引
◆割引前保険料が4万円未満
4,000円割引
3,000円割引
そんぽ24
※4
すべての補償の保険料から
10パーセント割引 ※4
すべての補償の保険料から
7パーセント割引 ※4
注意
※1:保険始期日が2019年8月1日以降の契約について
※2:保険始期日が2019年7月3日以降の契約について
※3:保険始期日が2019年5月15日以降の契約について
※4そんぽ24は、2019年7月1日に「おとなの自動車保険(セゾン自動車火災保険)」と合併しました。
参考記事そんぽ24が2019年7月1日に「おとなの自動車保険」と合併!

(自動車保険LAB調べ 2019.7.23現在)

結局どうすればお得なのか?

結局どうすればお得なのか?

今回はインターネット割引に焦点を絞って解説しています。

自動車保険の1年目の新規契約(他社から乗換や純新規、複数所有新規)と、2年目以降の継続契約の違いには、インターネット割引以外にも、無事故割引こえても安心サービス継続割引早割ロードサービス内容の拡充など各保険会社、色々なサービスを打ち出しています。

もちろん、単純に保険料の安さだけで自動車保険の価値が決まる訳ではありません。

しかしながら、自動車保険に詳しい人は携帯電話会社を乗り換える感覚で、気軽に自動車保険の乗り換えを検討して行動しています。

なかには、お気に入りの自動車保険を取り扱っている損害保険会社2社を、毎年の更新時期に乗り換えている行動派もいるのです。

何故って?だってお得なのですから。

みんな一緒です、誰だって損するより、得したいでしょう。

携帯電話だって、ずっと同じ携帯会社に加入していた方が、面倒な手続きもなくて楽ですよね。

でも面倒なのを承知でお得だから、携帯電話を取り扱う通信事業会社を乗り換えて、新型スマホに買い換える感覚と同じなのです。

まとめ

まとめ

  1. ダイレクト(通販)型自動車保険は、インターネットや電話から直接、自動車保険に申し込み加入するタイプの自動車保険です。
  2. ダイレクト型の長所は、代理店を通さないことによるコスト削減効果で、自動車保険料が安くなることです。
  3. 短所としては、事故後に保険金請求する際に書類を、自分で全部書かなければいけないことが挙げられますが、疑問点は損保事故担当者に質問や相談をすればアドバイスしてくれるので問題ないでしょう。
  4. また、ダイレクト型の長所として自動車保険に加入時や更新時が対面式ではないので、身支度など気にせず気軽に、自動車保険の契約ができることも挙げられます。
  5. ダイレクト型(通販型)自動車保険は、他社から乗り換えた年の新規契約は割引率が高いのでお得です。
  6. 新規契約には他社からの乗り換えや純新規、複数所有新規を含みます。
  7. お得度満載のダイレクト自動車保険の新規契約でも、2年目以降の継続契約は割引率が大幅ダウンし、お得度が低くなる保険会社もあります。
  8. 例えば、ソニー損保インターネット割引の場合、新規契約10000円引き継続契約2000円引きで、何と差額8000円も違うことは意外と知られていません。
  9. 自動車保険の1年目の新規契約(他社から乗換や純新規、複数所有新規)と、2年目以降の継続契約の違いには、インターネット割引以外にも、無事故割引こえても安心サービス継続割引早割ロードサービス内容の拡充など各保険会社、色々なサービスを打ち出しています。
  10. 単純に保険料の安さだけで自動車保険の価値が決まる訳ではありません。
  11. 自動車保険に詳しい人は携帯電話会社を乗り換える感覚で、気軽に自動車保険の乗り換えを検討して行動しています。
  12. お気に入りの自動車保険を取り扱っている損害保険会社2社を、毎年の更新時期に乗り換えている行動派もいます。

保険期間満了日の1,2ヶ月前は自動車保険を見直す時期にぴったりです。

お得で安い保険料の自動車保険を調べるために、各損保会社を手当たり次第調べると、膨大な時間を必要とします。

このような場合には自動車保険一括見積りサービスを利用して2社から3社に絞り、次に損保会社の公式サイトから見積りを取って最終確認すると、時間を大幅に節約できるので覚えておきましょう。

また、当サイト内のコンテンツ『自動車保険の見積相場比較記事早見表』から、あなたの状況と近い記事を読むと、自動車保険の相場や選び方のコツなど参考になると思います。

合言葉は「ダイレクト自動車保険は継続より他社乗換が断然お得」です。

相談者さん
自動車保険に詳しい人は、携帯電話会社を乗り換える感覚で気軽に、自動車保険の乗り換えを検討して行動しているんですね。
自動車保険マスター
お気に入りの自動車保険を取り扱っている損害保険会社2社を、毎年の更新時期に乗り換えている行動派もいますよ。
あなたに適した安い自動車保険を選ぶポイント

あなたに適した安い自動車保険を選ぶポイント

自動車保険を出来るだけ安くするコツは「無料一括見積もりサービス」を活用することです。私もおかげさまで38,240円安くなりました。

最短3分の入力で複数の保険会社に見積り依頼ができプランを比較できるので便利です。今までに400万人以上の人が利用して保険料の節約に成功しています。

一括見積もりサービス

シェアする

フォローする