自賠責保険(強制保険)とは?初心者にも分かりやすく説明

シェアする

自賠責保険とは?のイメージ

相談者さん
自賠責保険について教えてもらえますか?
自動車保険マスター
すべての車に付けることを義務付けられている保険ですね。

自動車に関する保険には、加入することを義務付けられている自賠責保険と、自賠責保険ではカバーできない部分を補償するための任意保険である自動車保険があります。

この記事では自賠責保険(強制保険)に絞って、初心者の人にも分かりやすいように説明していきます。

自賠責保険の別名は強制保険

自賠責保険は強制保険のイメージ

自賠責保険の正式名称は、自動車損害賠償責任保険と言います。

別名、強制保険とも言われていますね。

強制保険には、自賠責保険と自賠責共済があります。

違いは何かと言うと、保険契約の引受主体が、損害保険会社か協同組合(共済組合)かの違いだけで、保険料や保険金支払い基準も同じです。

基本的に自賠責保険には自賠責共済も含まれるので、以下まとめて自賠責保険と表します。

自賠責保険は、自動車による人身事故の被害者を救済するための保険で、自動車損害賠償保障法によって、原則として全ての車に加入することを義務付けられている保険です。

自賠責保険期間切れなど、何らかの理由により自賠責保険未加入状態で運転した人は、厳しい罰を受けることになります。

ここで注意しなければならないのは、自賠責保険に加入していても、車に携帯していなければ罰則が課せられるということです。

自賠責保険に未加入の車を運転 1年以下の懲役または50万円以下の罰金
同時に違反点数6点ただちに免許停止処分
自賠責保険を不携帯で車を運転 30万円以下の罰金
注意
自賠責保険は、自動車のみが加入することを義務付けられている訳でなく、原付きバイクや二輪車も加入しなければなりません。
特に、250CC以下のバイクは車検が必要ないので、自賠責保険期間切れに注意が必要です!

自賠責保険は被害者を救済するための保険

被害者を救済するイメージ

自賠責保険は、自動車による人身事故の被害者を救済するための保険です。

自賠責保険の補償対象は、他人を死傷させたために自動車の保有者または運転者が損害賠償責任を負った場合に制限されています。

よって自賠責保険のみでは、他人の車や物に対する補償や、自身の車や身体に対する補償はされません。

なお、自賠責保険の保険金請求は加害者、被害者どちらからでも出来ます

ちなみに自賠責保険の補償内容は以下のとおりです。

傷害 120万円(治療費・休業損害・慰謝料)
死亡時 3,000万円(治療費・逸失利益・葬儀費用・慰謝料)
後遺障害時 4,000万円(治療費・逸失利益)

したがって自動車の保険は自賠責保険以外にも、自動車保険の加入が必要になるわけです。

自賠責保険と自動車保険の違いは以下を参照してください。

自動車の保険には、大きく分けて2種類あります。一般的に自動車保険と呼ばれているのは任意保険のことで、もう一つは強制保険と呼ばれている自賠責保険です。

自賠責保険の保険期間と保険料は?

保険期間と保険料のイメージ

一般的に自賠責保険は損害保険会社の代理店である、新車・中古車販売店(兼業代理店)や専業代理店さんから加入手続きができます。

基本的に、ダイレクト型(通販型)損害保険会社は取り扱っていません。

ちなみに保険料は、損害保険会社(共済組合も含む)が違っても同じです。

保険期間に対応する自賠責保険料(共済掛金)は以下のとおりです。

37ヶ月 36ヶ月 25ヶ月 24ヶ月 13ヶ月 12ヶ月
自家用乗用自動車 36,780 35,950 26,680 25,830 16,380 15,520
軽自動車(検査対象車) 35,610 34,820 25,880 25,070 15,960 15,130
小型二輪自動車(250cc超) 14,950 14,690 11,780 11,520 8,560 8,290
軽二輪自動車(125cc超250cc以下)  ー 15,720  ー 12,220  ー 8,650
原動機付自転車(125cc以下)  ー 12,340  ー 9,950  ー 7,500

(自動車保険LAB調べ)離島以外の地域(沖縄県を除く)に適用する基準料率【2018年8月現在】

上表の自賠責保険料(共済掛金)は、平成29年4月1日以降の保険期間の始期を有する保険契約に適用されます。

まとめ

まとめのイメージ

自賠責保険は、原則として全ての車に加入することを義務付けられている保険で、自賠責保険に加入していても、車に携帯していなければ罰則が課せられます。

また自賠責保険は、自動車による人身事故の被害者を救済するための保険で、保険金請求は加害者、被害者どちらからでも出来ます。

最も大切なことは、自賠責保険は他人の身体に対する補償だけなので、自動車保険(任意保険)にも入りましょう。

相談者さん
自賠責保険は必ず入らなければいけない保険なんですね。
自動車保険マスター
自賠責保険は他人の身体に対する補償だけなので、自動車保険いわゆる任意保険にも入るべきですね。
あなたに適した安い自動車保険を選ぶポイント

あなたに適した安い自動車保険を選ぶポイント

自動車保険を出来るだけ安くするコツは「無料一括見積もりサービス」を活用することです。私もおかげさまで38,240円安くなりました。

最短3分の入力で複数の保険会社に見積り依頼ができプランを比較できるので便利です。今までに400万人以上の人が利用して保険料の節約に成功しています。

一括見積もりサービス

シェアする

フォローする