三井ダイレクト損保の自動車保険に乗り換える方法と見積もりのとり方を徹底解説

シェアする

三井ダイレクト損保の見積もりイメージ
出典:三井ダイレクト損保

相談者さん
三井ダイレクト損保の自動車保険に乗り換える方法を教えてもらえますか?
自動車保険マスター
他社から乗り換えるには、現在の保険証券車検証メールアドレス運転免許証積算距離計の数値を用意しましょう。

現在代理店型自動車保険に加入していて、ダイレクト型(通販型)自動車保険にそろそろ乗り換えようかなと思案中の人々は少なくありません。

自動車保険に加入する方法の違いは以下を参照してください。

車を購入しようと思っているが自動車保険に入るには、どうすればいいのか良く分からない方も少なくないと思います 。自動車保険に加入する方法は大きく分けて3つありますので、それぞれについて詳しく解説します。

理由としてもっとも多いのが、従来の代理店型自動車保険に比べると、かなり割安な上に、事故対応力などにも力を入れ充実したサービス内容で勝負するネット型自動車保険が登場してきたことでしょう。

ダイレクト型か代理店型かで選ぶコツやポイントは以下を参照してください。

自動車保険を選ぶコツやポイントとは、一体どのようなものがあるでしょうか。色々な視点から比べてみると、何に重点を置くかによって、また違った特徴などを発見出来たりします。今回はダイレクト型と代理店型の違いに絞って、説明していきたいと思います。

自分にあった補償内容の自動車保険を、より安くするために乗り換える方法を詳しく解説します。

他社から三井ダイレクト損保へ乗り換えるための準備

他社から三井ダイレクト損保へ乗り換える準備イメージ

現在加入している自動車保険会社から、『満期日のお知らせ兼継続のご案内』のはがきやメールが数ヶ月前に送られてくると思います。

この時が、まさに三井ダイレクト損保へ乗り換え手続きを開始するのに最適な頃合いです。『乗り換え準備のお知らせ』が来たと心得ましょう。

自動車保険を乗り換える時の手続方法は以下を参照してください。

自動車保険会社を乗換する時の手続方法を初心者にも分かりやすく説明します。自動車保険会社を乗り換えるには、手続とかどうすれば良いでしょうか?初めては誰でもドキドキしますよね。乗換時のコツや注意点なども交えてお話します。

もしも、三井ダイレクト損保の自動車保険に乗り換えるか迷っていたり、まだ決めかねているならば、自動車保険一括見積もりサービスなどを利用するのもいいでしょう。

一括見積もりサービスの体験談や実話は以下を参照してください。

現在加入している自動車保険を他の保険会社へ乗り換えで保険料が1万円以上安くなるかもしれません。特に代理店型の自動車保険からダイレクト型に乗り換えると、3万円以上も保険料が安くなることもあります。まずは見積りをとることから始めましょう。

そして、あなたが希望する条件や補償内容にぴったりな保険会社を、妥協せずに納得するまで比較して見つけましょう。

なぜなら、あなたにとって1年に1度の自動車保険乗り換えに最適な期間中(保険始期日の前日から60日前)なのですから。

しかし、自動車保険の乗り換えにチャレンジしようとしている人は、決して『安さのみに固執せず補償内容や補償範囲に注目』するように注意してください。

順番としては、以下のとおりです。

  1. 補償内容や補償範囲
  2. 保険料の安さ
  3. 信頼性や口コミや評判

保険料の安さで選ぶコツやポイントの詳細は以下を参照してください。

自動車保険を選ぶコツやポイントには、どのようなものがあるでしょうか。色々な視点から比べてみたり、または何に重点を置くかによって、異なった特徴を発見出来ることもあります。今回は保険料の安さに絞って、説明していきたいと思います。

三井ダイレクト損保の自動車保険の詳細は以下を参照してください。

MS&ADインシュアランスグループホールディングスのグループ企業であり、保険料の低コストと安心の事故対応を実現する三井ダイレクト損保の自動車保険の特徴や長所・短所、そして評判や口コミを、自動車保険マスターが詳しく解説します。

三井ダイレクト損保の自動車保険に乗り換えるために準備するものは以下の5つです。

  • 現在加入している自動車保険の保険証券
  • 契約する車両の車検証
  • 希望する連絡メールアドレス
  • 自動車免許証(免許証の色を確認するため)
  • 契約する車両の積算距離計(オドメーター)の数値

なお、インターネットから正式に申し込む時に印鑑は必要ありません

見積もりのとり方を徹底解説

見積とり方の開設イメージ

三井ダイレクト損保の自動車保険の見積もりは、スムーズに入力できてとても簡単です。PCはもちろん、スマホでも見積もりがとれます。入力時間は大体5分でOKです。それでは実際に見積もりをとる手順(他社から切り替えたい方)を説明します。

1.見積りを開始するボタンをクリック

左下の『  ▼ 開始する  』ボタンをクリックします。

三井ダイレクト損保の見積もりイメージ

2.お見積り・お申し込み(他社加入中の方)ボタンをクリック

左下の『 お見積もり・お申し込み(他社加入中の方) 』ボタンをクリックします。

見積もり取得方法01

3.見積手続き STEP 1

上から順番に、契約者および記名保険者が個人である確認、現在契約中の保険会社名、現在契約の保険期間、現在契約の保険満期日、現在契約中の事故回数、現在契約のノンフリート等級、現在契約の事故有係数適用期間、今回見積りをする車のナンバープレートの種類を選択後、『 ▶ お車の型式(車名)選択へ 』ボタンをクリックします。

見積もり取得方法02
見積もり取得方法03
見積もり取得方法04
見積もり取得方法05

4.見積手続き STEP 2

上から順番に、車の登録番号の運輸支局、車の年間走行距離(過去1年間)、車の型式を選択後、『 ▶ 運転者の確認へ 』ボタンをクリックします。

年間走行距離の詳細は以下を参照してください。

車の走行距離の違いで自動車保険料が変わるって本当?年間走行距離区分で保険料が割安になる自動車保険があります。走る分だけ保険料を払う自動車保険の仕組みとは、一体どうなっているのでしょう。

見積もり取得方法06
見積もり取得方法07

5.見積手続き STEP 3(その1)

上から順番に、補償の対象となる車の確認、車の初度登録年月(初度検査年月)、AEB(衝突被害軽減ブレーキ)の有無、使用目的の選択、車両保険希望の確認、eサービス(証券不発行)割引希望の有無、記名被保険者と契約者の関係、記名被保険者の生年月日、記名被保険者の運転免許証の色、今回の見積もりでの記名被保険者と現在の記名被保険者との関係、車の車検証上の車両所有者、運転する人すべてをチェック後、『 ▶ 運転者限定特約の設定 』ボタンをクリックします。

運転者限定の詳細は以下を参照してください。

運転者の限定条件は、節約するコツやポイントのひとつです。運転者を限定するほど保険料は割安になりますが、実際に事故が起きたときに運転者の条件から外れていた場合、事故による損害が補償されないので注意しなければなりません。

年齢条件の詳細は以下を参照してください。

運転者の年齢条件は、節約するコツやポイントのひとつです。運転者の年齢の範囲を限定すればするほど保険料は割安になりますが、実際に事故が起きたときに運転者の年齢が条件から外れていた場合、事故による損害が補償されないので注意しなければなりません。

見積もり取得方法08
mitsui-direct-09
見積もり取得方法10
見積もり取得方法11
見積もり取得方法12

6.見積手続き STEP 3(その2)

上から順番に、運転者限定特約設定希望の確認、設定する特約の選択、運転者の年齢条件の選択後、『 ▶ 運転者の補償範囲を確認 』ボタンをクリックします。

見積もり取得方法13

7.見積手続き STEP 3(その3)

上から順番に、運転者の補償範囲の確認後、『 ▶ 見積結果の確認 』ボタンをクリックします。

見積もり取得方法13

8.見積結果

ついに、三井ダイレクト損保の見積りが提案されました。お疲れ様でした。

車両保険は、『一般車両保険』と『エコノミー車両保険』のどちらを選択するか、また免責金額をいくらで設定するかによって、保険料がかなり変わりますので、色々試してみてください。

見積もり取得方法15

見積り結果を確認しよう

見積結果イメージ

補償対象車の詳細や被保険者の年齢や補償範囲等、3段階の質問に答えると、三井ダイレクト損保からお勧めの3つのプランが提案されます。自身が希望するプランを選びましょう。細かなカスタマイズも可能です。

とくに、色々な特約もあるので、保険料との兼ね合いを考慮しながら選択してみてください。

もしも、見積り結果を見て、わからない点や聞いてみたいことなどがある場合には、遠慮せずに電話で三井ダイレクト損保へ確認するのをオススメします。

三井ダイレクト損保の自動車保険へ正式に申し込む手続き方法

自動車保険の申し込み完了イメージ

三井ダイレクト損保の自動車保険に乗り換える補償プランの内容を十分に確認できたら、ついにインターネットで申し込みが、保険始期日の前日から60日前までの期間にできます。

インターネットから申し込みをすると、インターネット割引が適用になり、新規契約の割引額は、割引前保険料が40,000円未満の場合:4,000円、割引前保険料が40,000円以上 60,000円未満の場合:7,000円、割引前保険料が60,000円以上の場合:10,000円、継続契約の割引額は3,000円です。(保険始期日が2019.5.15以降の契約)

支払い方法は、1回払(コンビニ、銀行振込:ジャパンネット銀行のみ、クレジットカード)と、10~12回払(クレジットカード払いのみ)から選べます。

現在加入中の保険会社へ連絡は必要か?

保険会社へ連絡イメージ

基本的に、自身が現在契約している自動車保険が一般的な1年契約の場合には、自動的に1年間で契約が終了するので、現在契約している保険会社や代理店に連絡しなくてもOKです。

しかし、安心更新サポートや自動継続特約など、自動車保険を自動的に更新する特約がついている場合には、現在加入中の保険会社や代理店に更新しないことを伝える必要があります。

このような理由から、当サイトは自動更新特約などが付帯しているか証券などを確認する手間を考えれば、万が一のことも考えて、堂々と「今までお世話になりましたが、自動車保険は更新しません!ありがとうございました!!」と今までお世話になった感謝の意味も込めて、現在加入中の保険会社や代理店に連絡することをおすすめします。

三井ダイレクト損保の自動車保険が補償開始

自動車保険の補償開始イメージ

申し込み手続きが完了したら、保険始期日から新しい三井ダイレクト損保の自動車保険が補償を開始します。

契約手続き完了の書類が届きますので、書類に一通り目を通し内容をよく確認してから、大切に保管しましょう。

まとめ

まとめイメージ

  1. 他社から乗り換えるために準備するものは、保険証券車検証メールアドレス自動車免許証積算距離計の数値の5つです。
  2. 三井ダイレクト損保の自動車保険の見積もり入力時間は大体5分でOKです。
  3. 三井ダイレクト損保からお勧めの3つのプランが提案されるので、自身が希望するプランを選びます。
  4. インターネットで申し込みが、保険始期日の前日から60日前までにできます。
  5. 基本的に、自身が現在契約している自動車保険が一般的な1年契約の場合には、現在契約している保険会社や代理店に連絡しなくてもOKです。
  6. しかし、自動車保険を自動的に更新する特約がついている場合には、現在加入中の保険会社や代理店に更新しないことを伝える必要があります。
  7. 保険始期日から、新しい三井ダイレクト損保の自動車保険が補償を開始します。

当サイト内のコンテンツ『自動車保険の見積相場比較記事早見表』から、あなたの状況と近い記事を読むと、自動車保険の相場や選び方のコツなど参考になると思います。

相談者さん
他社からの乗り換えって、思ったより簡単に出来るんですね。
自動車保険マスター
自動車保険に新規で加入するより乗り換えは簡単ですよ。
あなたに適した安い自動車保険を選ぶポイント

あなたに適した安い自動車保険を選ぶポイント

自動車保険を出来るだけ安くするコツは「無料一括見積もりサービス」を活用することです。私もおかげさまで38,240円安くなりました。

最短3分の入力で複数の保険会社に見積り依頼ができプランを比較できるので便利です。今までに400万人以上の人が利用して保険料の節約に成功しています。

一括見積もりサービス

シェアする

フォローする