楽天グループの損保が2018年7月2日誕生!その名は「楽天損保」

シェアする

ビジネスニュース

質問者さん
最近、新しい損害保険(損保)会社が誕生したって聞いたんですけど?
自動車保険マスター
楽天グループの損保のことですね。今年の7月2日に産声を上げました。

楽天損保が2018年7月2日に誕生する!

バースデーケーキ

2018年7月2日に、魅力的な自動車保険を取り扱う、楽天損保が誕生しました。

正式名称は、楽天損害保険株式会社です。

そして略称が、楽天損保になります。

英名は、Rakuten General Insurance Co., Ltd.と表記されます。

会社名:楽天損害保険株式会社
代表者:取締役社長 添田智則
本社:〒101-8655 東京都千代田区神田美土代町7番地 住友不動産神田ビル
TEL:03(3294)2111(大代表)
営業店舗:本支店26ヵ所、オフィス1ヵ所(2018年4月1日)
サービスセンター サービスオフィス:10ヵ所(2018年4月1日)
代理店数:2,065店(2018年3月31日)
従業員:546名(2018年3月31日)
資本金:51億5,315万円(2018年3月31日)
総資産:3,689億円(2018年3月31日)
子会社:株式会社みらいの保険
出典:楽天損保(2018.07.27現在)

楽天といえば、名実ともにメジャーな 三木谷 浩史 氏が代表取締役会長兼社長を務める、日本を代表する企業としても有名な、あの楽天株式会社です。

特に楽天グループ内では、オンラインモールの楽天市場や、ネット銀行の楽天銀行などが知られていますね。

楽天市場といえば、日本人で知らない人はいないくらい、国内最大級のインターネットショッピング関連サービスとして有名です。

楽天銀行も、ネットユーザーでは知らない人はいないと言っても過言でないくらい、幅広い世代に愛用されているネット銀行です。

楽天損保は朝日火災の生まれ変わり

DNA

今から約3ヶ月前の2018年4月24日付で、朝日火災海上保険株式会社(略称:朝日火災)は、楽天株式会社の100%子会社になりました。

これを受けて2018年7月2日に社名変更が行われ、朝日火災は楽天グループの一員として、楽天損害保険株式会社(略称:楽天損保)として生まれ変わりました。

損害保険といえばイメージ的に伝統という言葉がぴったりですが、時代の先端を行くインターネットサービスとのフュージョンによる新しい損保(損害保険)会社を目指していってほしいです。

もしかすると、革新的な自動車保険が生まれるかもしれませんね。

楽天損保に今後も注目していきたいと思います。

楽天損保の自動車保険の特徴は?魅力的な長期契約型ASAP6

特徴と魅力

朝日火災海上時代から引き継がれた、長期個人用自動車保険ASAP6(アサップ シックス)が目を引きます。

『事故があっても保険料が上がらない』というキャッチフレーズが、自動車ユーザーの心を鷲掴みにします。

保険期間が6年間という、レアな個人向けの自動車保険です。

契約期間中は事故や保険料率の改定があっても、契約時に定めた保険料は変更されないことを「保険料が上がりません」と表現していると、楽天損保のホームページに書かれています。

まとめ

ビジネスニュース2

2018年7月2日に朝日火災から楽天損保へ社名変更がされて、楽天損保が誕生しました。

楽天損保は朝日火災の生まれ変わりともいえます。

楽天損保の自動車保険の特徴は?魅力的な長期契約型ASAP6!

保険期間が6年間という、レアな個人向けの自動車保険です。

キャッチフレーズは『事故があっても保険料が上がらない』

質問者さん
自動車保険といえば、保険期間は1年間だけだと思いこんでいました。
自動車保険マスター
そうですね。保険期間が6年間のASAP6は、とてもレアな自動車保険ですね。

素敵!