自動車保険の事故現場駆けつけ(急行)サービスを比較

シェアする

交通事故に遭遇する女性ドライバー表情

相談者さん
交通事故が起きたときに、事故現場に駆けつけてくれる自動車保険があるって聞いたんですけど、詳しく教えてもらえますか?
自動車保険マスター
自動車保険会社と警備会社がタッグを組んで、事故が起きた時に安全・安心のプロである警備会社の緊急対処員が駆けつけるサービスは心強いですよね。

一部の損害保険会社は、警備会社(ALSOKまたはSECOM)と連携し、自動車保険を契約するサービス対象者向けに、事故現場駆けつけ(急行)サービスを提供しています。

自動車保険の事故現場駆けつけ(急行)サービスとは

ALSOK隊員が事故現場到着シーン

まず最初に、「事故現場駆けつけ(急行)サービス」と「ロードサービス」は違います。

事故現場駆けつけサービス(事故現場急行サービス)とは、警備会社の緊急対処員が交通事故の現場に駆けつけて、関係各社へ連絡したり困っていることを聞き取り、事故現場の記録をカメラで行うなど、サービス対象者の手助けや支援をするサービスのことです。

一方、ロードサービスとは、保険契約車両が故障や事故により走行することができなくなった場合、ロードサービスの作業担当者が現場に急行して、自動車の応急処置やレッカー車でけん引などを実施するサービスのことです。

ロードサービスについての参考記事はこちらです。

ロードサービスの提供内容は各保険会社により様々です。突然の故障や事故などで車が動かない場面で、あなたが必要とするロードサービスを提供する自動車保険を選ぶ際等にお役立てください。

言い換えると、「事故現場駆けつけ(急行)サービス」は精神面に安心を与えるサービスで、「ロードサービス」は物理的なサービスといえます。

基本的に「ロードサービス」は、ほとんどの自動車保険に付いていますが、「事故現場駆けつけ(急行)サービス」は以下の自動車保険会社のみになります。

注意
自動車保険付帯の「事故現場駆けつけ(急行)サービス」や「ロードサービス」の対象は契約車両です。したがって、他車運転特約の対象となる契約車両以外の車や、ファミリーバイク特約の対象となるバイクなどは、事故現場駆けつけ(急行)サービスの対象ではありません

事故現場駆けつけ(急行)サービスの利用方法と流れ

交通事故の当事者が電話するシーン

事故が起きた時に事故現場駆けつけ(急行)サービスを利用する方法や基本的な流れは、以下のとおりです。

1.事故を起こしたサービス対象者から契約している自動車保険会社の「事故受付サービスセンター」に連絡する。

ポイント
いざという時に、事故受付サービスセンターの電話番号がわかるように、スマートフォンや携帯電話に登録しておきましょう。なお、事故の衝撃で連絡機器が壊れることを想定して、車のダッシュボード内の車検証などと一緒に連絡先が記載されたメモをいれておきましょう。また、財布など携行品に連絡先を記したメモを入れておくのもおすすめです。契約者用のスマートフォンアプリを入れておくのも忘れずにしましょう。

2.保険会社から提携警備会社に、事故現場へ出動要請する。

3.提携警備会社の緊急対処員が事故現場に到着。

4.提携警備会社の緊急対処員が事故現場でサービス対象者をサポート。

・提携警備会社の緊急対処員がサービス対象者から困った点などをヒアリング。

・カメラで事故現場の記録を行う。

・事故現場の情報など提携警備会社から契約保険会社へ送信し、事故解決に役立てる。

5.警察や救急車、レッカー車などを手配する。

ポイント
事故現場では、提携警備会社の緊急対処員の到着を待たずに、負傷者の救援や、警察への連絡を行いましょう。未対応の場合に、提携警備会社の緊急対処員がサポート。

無料提供の事故現場駆けつけ(急行)サービス付きの自動車保険会社名と内容

SECOM緊急対処員が事故現場駆けつけシーン

事故現場駆けつけ(急行)サービスは、無料提供と有料提供(特約選択)があります。

無料提供事故現場駆けつけ(急行)サービス付きの自動車保険会社名と内容等は、以下のとおり(提供開始日順)です。

セコム損保(セコム損害保険株式会社)

セコム損害保険株式会社は、グループ会社のセコム株式会社に委託している「セコムの現場急行サービス」の提供を1998年から開始しています。

・24時間365日、事故現場へセコムの緊急対処員がかけつけ

・安全確保

・緊急連絡

・ケガ確認

・事故状況確認

・目撃者の確認

・相手方への対応

・現場写真撮影

おとなの自動車保険(セゾン自動車火災保険株式会社)

SOMPOホールディングス株式会社傘下のセゾン自動車火災保険株式会社は、ALSOK(綜合警備保障株式会社)と連携して、「おとなの自動車保険」の契約者を対象に「ALSOK事故現場安心サポート」を2016年4月1日から提供を開始しています。

・24時間365日、事故現場へALSOK隊員がかけつけ

・安全の確保(三角表示板の設置や発煙筒使用の補助など)

・緊急連絡(ケガ人がいる場合の救急車の手配、警察への届け出に関する助言・サポート・連絡、レッカーの出動要請)

・事故解決に関する適切なアドバイス(事故解決までの流れの説明、相手方へのサービス内容の説明)

・事故状況連絡(サービス対象者からの事故状況ヒアリング、事故相手方からの事故状況ヒアリング、事故現場や事故車両など損傷物を写真撮影し事故状況連絡としてセゾン自動車火災保険へ送信)

・要望事項等のヒアリング(要望事項等をヒアリングしてセゾン自動車火災保険へ連絡)

ソニー損保(ソニー損害保険株式会社)

ソニー損害保険株式会社は、セコム株式会社との提携により「セコム事故現場かけつけサービス」を、ソニー損保の自動車保険のすべての契約を対象に2017年4月3日から無料で提供を開始しています。

・セコムの緊急対処員が24時間365日の体制で事故現場に急行

・二次事故防止のサポートや事故発生時の対応の説明

・困っている点のヒアリング

・警察への連絡や救急車、レッカーなどの手配(※負傷者の救援や警察への連絡は緊急対処員の到着を待たずに行いましょう。緊急対処員は手配完了していない場合にサポート)

・事故状況の確認(事故発生状況や、目撃者の有無・連絡先の確認など)

・事故の相手方へのヒアリング(相手方運転手の氏名・連絡先の確認など)

・事故現場や事故車両の撮影(※一部エリアで写真撮影ができない場合あり)

など、サービス対象者をサポート。

イーデザイン損保(イーデザイン損害保険株式会社)

東京海上グループに属するイーデザイン損害保険株式会社は、セコム株式会社と提携し、「セコム事故現場急行サービス」の提供を2017年10月2日から無料で開始しています。

・24時間365日、セコムの緊急対処員が事故現場でサービス対象者をサポート

・救急車の手配

・警察への連絡

・レッカーやタクシーの手配

・事故状況や困っている点をヒアリング

・相手方から事故状況をヒアリング

・事故現場や車両の写真を撮影

・セコムからイーデザイン損保に、事故現場で収集した情報を連携

JA自動車共済(JA共済連)

JA共済連は、24時間事故受付体制のさらなる充実を図るため、ALSOK(綜合警備保障株式会社)と提携し、JAの営業時間外である夜間や休日でもALSOKの対応員が事故現場に駆けつける「夜間休日現場急行サービス」を、全国エリアで2018年10月1日から開始しています。

・24時間事故受付

現場急行サービス 対応時間
平日 17:00~23:00
土日・祝祭日 08:00~23:00

・原則として、ALSOK対応員の出動拠点から事故現場まで30分程度で到着できることが条件

・事故現場へALSOKの対応員が急行

・事故状況の聞き取りなど

楽天自動車保険(楽天損害保険株式会社)

楽天損害保険株式会社は、綜合警備保障株式会社(ALSOK)と提携し、「あんしん事故現場かけつけサービス」の提供を、ASAP・ドライブアシスト〈個人用自動車保険〉契約者限定で2019年4月1日から無料で開始しています。

・24時間365日OK

・事故現場の安全確保(二次災害防止の為、三角表示板や発煙筒の設置作業をサポート)

・事故状況の確認(サービス対象者に事故状況をヒアリングし、ALSOK隊員が楽天損保へ報告)

・事故現場の記録(車両や事故現場の写真撮影)

・ロードアシスタンスの出動要請

有料提供(特約選択)の事故現場駆けつけ(急行)サービス付きの自動車保険会社名と内容

ALSOK隊員が事故現場急行シーン

事故現場駆けつけ(急行)サービスは、無料提供と有料提供(特約選択)があります。

有料提供(特約選択)事故現場駆けつけ(急行)サービス付きの自動車保険会社名と内容等は、以下のとおりです。

損保ジャパン(損害保険ジャパン株式会社)

損害保険ジャパン株式会社は、ドライブレコーダーを活用した個人向けテレマティクスサービス「DRIVING!~クルマのある暮らし~」(「ドライビング!」)特約の契約者に、総合警備保障株式会社(ALSOK)と連携した「事故現場駆けつけサービス」を、2018年1月1日以降の始期契約から自動車保険の特約(特約保険料は月額850円・分割払いの場合、年払いは9,720円)として提供を開始しています。

・万が一の事故の際、「安全運転支援機能」を搭載した通信機能付き専用ドライブレコーダーの衝撃検知を活用した「事故時通報機能」(事故発生時の自動通報・手動通報)

・自動通報・手動通報を活用し、ALSOKのガードマンを事故現場へ呼ぶことができます。

・緊急連絡(救急車の手配、警察への届け出に関する助言・サポート・連絡、レッカーの出動要請)

・事故解決に関する適切なアドバイス(事故解決までの流れの説明、事故の相手方へのサービス内容の説明)

・事故状況連絡(サービス対象者からの事故状況ヒアリング、事故相手方からの事故状況ヒアリング、事故現場・事故車両などの損傷物の写真撮影し事故状況連絡として損保ジャパンへ送信)

・要望事項等のヒアリング(要望事項等をヒアリングして損保ジャパンへ連絡)

まとめ

女性カードライバー運転風景

無料提供の事故現場駆けつけ(急行)サービスの提供開始日順の一覧表です。

保険会社
(加入方法)
サービス名
(提供開始時期)
サポート提携先
(全国拠点数)
受付時間
(連絡先)
セコム損保
ダイレクト型 代理店型
セコムの現場急行サービス
(1998年~)
セコム
(約2800ヶ所)
24時間365日
(0120-210-545)
おとなの自動車保険(セゾン自動車火災保険)
ダイレクト型
ALSOK事故現場安心サポート
(2016年4月1日~)
ALSOK
(約2400ヶ所)
24時間365日
(0120-00-2446)
ソニー損保
ダイレクト型
セコム事故現場かけつけサービス
(2017年4月3日~)
セコム
(約2800ヶ所)
24時間365日
(0120-303-709)
イーデザイン損保
ダイレクト型
セコム事故現場急行サービス
(2017年10月2日~)
セコム
(約2800ヶ所)
24時間365日
(0120-097-045)
JA自動車共済
代理店型
夜間休日現場急行サービス
(2018年10月1日~)
ALSOK
(約2400ヶ所)
平日17:00~23:00
土日・祝祭日08:00~23:00
(0120-258-931)
楽天自動車保険(楽天損保)
ダイレクト型 代理店型
あんしん事故現場かけつけサービス
(2019年4月1日~)
ALSOK
(約2400ヶ所)
24時間365日
(0120-120-555)

(2020年2月 自動車保険LAB調べ)

有料提供(特約選択)の事故現場駆けつけ(急行)サービスの提供開始日順の一覧表です。

保険会社
(加入型)
サービス名
(提供開始時期)
サポート提携先
(全国拠点数)
受付時間
(連絡先)
損保ジャパン
代理店型
事故現場駆けつけサービス
(2018年1月1日~)
ALSOK
(約2400ヶ所)
24時間365日
(0120-256-110)

(2020年2月 自動車保険LAB調べ)

事故現場駆けつけ(急行)サービスについて、以下の記事も参考にしてください。
参考記事 事故現場かけつけ(急行)サービスについてよくある質問と回答(FAQ)

当サイト内のコンテンツ『自動車保険の見積相場比較記事早見表』から、あなたの状況と近い記事を読むと、自動車保険の相場や選び方のコツなど参考になると思います。

相談者さん
事故が起きた時に緊急対処員が駆けつけてきてくれたら、すごく心強いですよね。
自動車保険マスター
事故対応は自動車保険の最も重要な機能のひとつですから、事故現場での対応の充実という観点からも心強いサービスですね。
あなたに適した安い自動車保険を選ぶポイント

あなたに適した安い自動車保険を選ぶポイント

自動車保険を出来るだけ安くするコツは「無料一括見積もりサービス」を活用することです。私もおかげさまで38,240円安くなりました。

最短3分の入力で複数の保険会社に見積り依頼ができプランを比較できるので便利です。今までに400万人以上の人が利用して保険料の節約に成功しています。

一括見積もりサービス

シェアする

フォローする